リレンザを通販で購入!市販薬と処方薬と比較

個人輸入で買ったリレンザと市販のリレンザの違い

リレンザの効果は、ザナミビルの含有量に左右される事が多いです。

また、個人輸入の場合は、購入店舗によって違いが生まれています。

一方、国内で市販されているリレンザは病院でしか購入できず、ザナミビルの含有量も固定されています。病院では医師の判断のもと処方されるため、服用への安全性が高いのです。

ただし、薬の値段自体は、個人輸入のほうが安いです。

インフルエンザにかかったという確証がある場合は、個人輸入で購入を検討しましょう。

しかし、A型インフルエンザの時は、耐性を無視できるので、長期的な治療になる時には市販のリレンザの服用も検討する必要があります。

その場合は医師の処方せんがないと購入できないため値段は高いですが、効果も強まるのでおすすめです。

またリレンザは、小児患者への投与が効果的だと確認されています。医師が体内環境を診断した上で処方した方が、治療費が安く済む事例もあるのです。

個人輸入と病院処方のリレンザの価格の違いを比較

国内でリレンザを服用する場合は、病院で処方箋をもらわないと手に入りません。そのため購入費用は診察費に加えて、3000円から4000円上乗せされます。

そのうえリレンザは、インフルエンザの予防目的の時は健康保険適用外になるので、全額自己負担になります。そのため、購入費用が1万円を超える事例もあるのです。

一方、個人輸入は、病院での処方と比較して薬の実費のみの値段になります。
購入サイトによっては、1日単位の服用量で購入できるメリットがあるのです。
また、リレンザの費用相場は、1日分当たり200円未満です。

ただし、リレンザは一度の購入数を制約している販売元が多いため、注意が必要です。

また、より値段の安いリレンザを購入したい場合、リレンザのジェネリック医薬品を個人輸入しましょう。

注意点は、個人輸入の多くはセット販売になるので、長期的なインフルエンザ予防目的でないと、コストパフォーマンスが低くなります。

利用用途に合わせて購入しましょう。